Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

セグメントカプラ


セグメントカプラと電源

PROFIBUS DP と PROFIBUS PA の類似性が、Pepperl+Fuchs の開発者達に透明なセグメントカプラを開発させる発想を与えました。

セグメントカプラは、コンフィギュレーション不要で透明です:セグメントカプラは、DPフィールド機器であるかのように PA ネットワークに接続されている全機器を「表示」します。PA 側の通信速度は、DP 側によります。全 PA 機器は、マスタークラス I と マスタークラス II 上で DP機器としてコンフィギュされています。PA 機器は、セグメントカプラのPA マスターを「見る」だけで、これは DP マスターをシミュレートするものです。

データテレグラムと電源が、同じケーブルでフィールド機器に伝送されます。セグメントカプラの給電コンポーネントは、ケーブルにパワーを載せます。ゾーン 2 の設置に承認されています。異なる電圧と500 mAまでの給電レベルが適応する防爆の選択を与えています。

  • ハイパワートランク
  • FISCO
  • Entity

Pepperl+Fuchs のセグメントカプラは、常にパッシブなインピーダンス発生の機能を有します。このインピーダンスにより、内部抵抗の低い電源を用い、フィールドバス信号がショートサーキットを起こす事を防ぎます。 パッシブな設計が、抵抗とインダクタンスを使ってアプリケーションに信頼性と利用性を提供します。

セグメントカプラのパワーハブバージョンは、マザーボードをベースにし、またパワーモジュールとゲートウェイコンポーネントの両方にオプションでリダンダント機能があります。最大4の独立したセグメントをひとつの DPマスターに接続します。基本モジュールカップルは、PA セグメントを DP にシグナルし、電力をセグメントに提供します。全コンポーネントはひとつの小さな筺体内にて収められています。


FieldConnex® Smartplant® 機器ライブラリー

このライブラリーのダウンロードは無償です。フィールドバスの構築設計を簡単にします。