Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

危険場所もしくは安全場所でのフィールドバス

フィールドバスシステム は、次の理由からプロセスオートメーション分野に於いては非常に多く使われています:

  • ハードウェア - プロセスコントロールシステムにおけるケーブル配線, ケーブルチャンネル, 端子, 入出力カード - がセーブされます
  • コミニュケーション・インターフェースは診断データのようなプロセス値を追加提供します。 これを配置する為のパラメータの追加的なインターフェースは不要です, なぜなら "インテリジェント" フィールド機器はフィールドバスシステム経由でコンフィギュレーションが可能でパラメータがアサインされます
  • 診断データの追加によりシステムの有用性が高まり、未然防御的なメインテナンス、その結果としてシステムのダウンタイムが低減されます。

フィールドバス経由でDCSへフィールド機器を接続する最もポピュラーなコンフィギュレーションは トランクとスパートポロジーです. メインライン(トランク)はフィールドと電源とデータを供給し、配線されたブランチライン(スパー)上の各デバイスに供給します

フィールドバスカプラー はフィールド上のフィールド機器の近くに置かれます。.スパーラインは 120 m 長まで延ばせます. マルチプルフィールドバスカプラはしばしば防爆ゾーンへの設置に認証されたハウジングに組み合わされます。.

フィールドバス配線 はコンフィギュレーションとあなたの選んだ保護コンセプトで選択が可能です.


長距離及び多数のデバイス接続用ハイパワートランク

Pepperl+Fuchsが設計した ハイパワートランク・コンセプト で 防爆用電力保護を達成させます。 我々はエネルギー供給制限をプロセスオートメーションのフィールドカプラにもたらした最初の会社です.

トランクラインは 31 V で 500 mAを供給します, 防爆目的としては制限されていません. フィールドバスカプラ -フィールドバスもしくはセグメントプロテクタ - は フィールド機器の近くに設置されます.  そして ケーブル最大長をクリア出来るようにします。そして 沢山の機器が接続出来る様にします。 これにより防爆の単純化がなされます。 保守要員はプラント稼働中でも設置やメインテナンスが出来るメリットを享受する事が出来るのです- これらは稼働中故の許可を得ずしても行えるのです.

Ex icでは, FieldConnex 高密度パワーハブ (MBHD-FB*) と R2 セグメントプロテクタ (R2-SP-N*) が経済的かつ Ex ic 防爆の容易さを電圧の選択で可能にします。. パワーハブはモジュールの種類を選ぶ事で電圧を制限し, また R2 セグメントプロテクタが電流を制限します. この両者は同一の設計仕様で認証も取得しています. ユーザーは FISCO Ex ic または Entity Ex icに基づき様々な防爆構造を選択する事が出来ます.


一般エリアとZone 2/ Div. 2用のハイパワートランクトポロジー


経済的かつ簡単なアプリとなる危険場所Zone 2/ Div. 2 でのEntity もしくは FISCO Ex ic/ Ex nL 防爆の場合のハイパワートランク. 電圧制御が電源部で電流制御が R2 セグメントカプラにて為されます

Zone 1,0/ Div. 1用ハイパワートランク


フィールドバリヤはZone 1. におけるハイパワートランクのメインコンポーネントです。 出力は電位的に絶縁された本質安全防爆仕様です。 フィールド機器はZone 0/ Div. 1.に設置が可能です

危険場所Zone 1/Div. 2.に耐圧防爆 (Ex d)でフィールド計装可能なハイパワートランク 。.短絡保護は当然ながら搭載しています.


耐圧防爆機器へのフィールドバス接続が解決されます. トランクとそれに繋がるスパーは保護された設置が要求されます. セグメントプロテクタ R-SP-E12は、 Zone 1/Div. 2.の危険場所に設置が認証されています。 短絡保護は各スパーに