Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

伝導性リミットスイッチ


測定原理

液体媒体の誘導には、大きな差があります。液体が、設置高により決定されている指定の充填リミットに達すると、液体媒体は2つのエレクトロード間 (またはコンテナ壁とエレクトロード間)のAC回路を閉じます。スイッチ信号が、電流消費の変化があると出力されます。

酸と 苛性アルカリ溶液と水を含む溶媒は、伝導性であり、良好に検知されます。アグレッシブな液体は、高耐性物質により作成されたプローブを使うと、問題なく検知されます。燃料、オイル、溶媒のような可燃性液体は、非伝導性であり、この測定原理によっては測定不可です。


作動モード

2つのエレクトロードは、伝導性の液体の上部に設置され、監視します。両方のエレクトロードが液体に接するほど液体が上ってきた場合、接続されているリレーの電流の回路が2つのエレクトロードと液体経由で終了され、スイッチ信号をアクティベートします。

液体の最小誘導性は、10 µS/cmなければなりません。これらの条件は、実際のところ、純粋な溶媒以外の水や酸、苛性アルカリ溶媒のようなすべての誘導性液体により満たされます。

複数のスイッチ地点が必要な場合、複数のエレクトロードが使用されなければなりません。液体内の電気的な影響を防ぐためには、DC のない代替電流を測定に使います。これは、エレクトロードリレーまたは コンバータにより発生されます。

この測定方法を使えば、インターフェースのレベル検知は、簡単かつ経済的に達成することが可能です。特にオイルと石油の分離機にて、水と非誘導性液体の制限価値は簡単に検知されます。