Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

測定原理

フロートスイッチは、液体中のリミット位置検知に使用されます。液体のより高い密度により、フロートスイッチは液体の表面上に浮いています。フロートスイッチは、所定のアプリケーションに適するレベルにケーブルファスナーにて安定されています。スイッチプロセスは、センサのロックする動きにより開始されます。近接スイッチ又はマイクロスイッチがスイッチ要素として使われます。


作動モード

フロートスイッチは、ビルトイン式のスイッチと接続ケーブル付きのフロート本体とから成ります。スイッチ要素が水平位置を越えた時にスイッチが作動します。下記の水銀なしのスイッチ要素が利用可能です:
  • 近接スイッチ
  • 伝導位置検知付き小さな作動ボール
  • 作動ボール付きマイクロスイッチ

水銀変化接触も用意しています。