Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

製品識別

加工過程の製品名称と識別

データマトリクスバーコードを使用する加工における製品名称と識別
データマトリクスバーコードを使用する加工における製品名称と識別

ISO 9000に準拠する品質保証と共に、100% のトレーサビリティーは生産要件の一つです。生産のすべての段階、また返品の場合に検出を有効にするには、必要な識別番号は機械読取可能でなければなりません。

小型製品ではスペース不足の原因で問題があるかもしれません。ルールとしてデータマトリクス ECC 200を利用して解決できます。この2次元コードは、非常に小さなスペースで文字をエンコードする時に使用されます。採用されるそれぞれの印刷技術によって制限が設定されます。ラベルは実地検証された識別方法です。近代的な方法は製造と5mm x 5mmの形式のラベル自動アプリケーションを容易にします。これにより、モジュールサイズ12 x 12のデータマトリクスコードを熱転写印刷プロセスに配置することが可能になります。これは、例として、10桁の番号の表現を許容します。

実例では、300dpiのプリンタを使用しました。1モジュールあたり4つのドットで、4mm x 4mmののコードサイズを提供します。必要なコードレストゾーンの維持も確保しました。そのようなコーディングはモーションの間、ODT-MAC310データマトリクスリーダーにより読取ることができます。 様々のメーカからのハンドヘルドデバイスも手動検出の時ご利用いただけます。

また、直接マーキング方法、例えばレーザとインクジェットレタリングが利用できます。しかし、個々のアプリケーションでの可能性を把握する必要があります。特に、このタイプの生成されたコードは標準の品質レベルを満たさないため、標準読取デバイスによる読取能力はいつも保証できるわけではありません。