Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

RFIDはAGVを正しいルートに沿ってガイドします

RFIDを使用して、工業環境におけるAGVの簡単な安全性と信頼性のある絶対値制御を可能にします

RFID技術は、マテリアルハンドリング業界の様々なソリューションを提供します
RFID技術は、マテリアルハンドリング業界の様々なソリューションを提供します

アプリケーション:

通過位置を決定することが可能な無人搬送車は物流製造環境で使用されます。置かれる品物の正確な位置を決定するAGVは迅速に置かれた品物を見つけることができます。

絶対位置制御を使用すると、マテリアルハンドリングプロセスを自動化にし、品物及びAGV両方の位置をプラント全体で確実にトレースすることを可能にします。


100 mmの信頼性の高い読み取り距離機能付の堅牢なHF読取ヘッド
100 mmの信頼性の高い読み取り距離機能付の堅牢なHF読取ヘッド

ご要望:

床に取り付けることができる堅牢なRFIDタグ。AGVに搭載されたRFIDリーダは、適切な横方向の許容範囲で十分な読取距離を持っている必要があります。RFIDタグが置き換えられる必要がある場合は、代替のデータ内容は、オリジナルのタグと一致する必要があります。無人搬送車が頻繁に近接ループにより、電力が供給されているため、RFIDソリューションは、十分なEMC耐性を提供する必要があります。 

お客様への利点:

  • 高度自動化及び正確な読み取りシステム
  • 検出ミスにより間違った材料を下流に送ることはありません。

どのような方法でRFIDは使われているのでしょうか?



自動車組立工場でエンジンを運ぶ無人搬送車

最も近代的な無人搬送車は、近接エネルギーのカップリングを採用しています。したがって、AGVに使用されている製品は、大きな電磁界の環境で動作するために十分なEMC耐性を提供する必要があります。無人搬送車は、さまざまな製造業のニーズに対応して変更可能な事前にプログラムされた線路に沿って移動します。AGVの絶対位置は、床に取付けられたRFIDタグを読取ることで決定されます。

 

この情報とAGVによって運ばれる品物のデータを使用すれば、コントロールシステムが簡単な検索テーブルを作成することが可能になり、AGVで搬送中又はラックに格納されているあらゆる品物の位置が把握できます。この方法は、フォークリフト、クレーン、スキッド などマテリアルハンドリングシステムの品物の位置を決定するのに適しています。