Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

WirelessHART

Pepperl+Fuchs製 WirelessHART は、WLAN, Bluetooth, ZigBeeなどの複数の無線テクノロジーをライセンス不要の、世界中で使われている2.4 GHz バンドを伝送媒体として 使っています。けれども、WirelessHARTは、WLAN バリアントをはるかに超えています。

WirelessHART は、フラットメシュネットワークを使い、全無線ステーション(フィールド機器) がネットワークを形成します。参加する各ステーションが、 信号ソースリピータとして同時に機能します。オリジナルのトランスミッタが直近にメッセージを送り、ベースステーションと実際のレシーバに届くまで直近がメッセージを送ります。さらに、代替ルーターが初期段階で設定されています。障害物やレシーバの不良により特定の経路でメッセージが伝送されない場合、メッセージは自動的に代替ルートに送られます。従って、ネットワークの範囲を広げるだけでなく、フラットメッシュネットワークは、四重の通信ルートを提供し、信頼性を高めるのです。

ワイヤレスネットワーク内の通信は、TDMA (時間部門複数アクセス)にて調整されており、ネットワーク参加を10 msの時間枠で同期化します。これにより、ひじょうに信頼性の高い (耐腐食性の) ネットワークが可能となり、ステーションが作動しているためリードタイムとラグタイムを減少させます。.

ジャムを避けるために、WirelessHARTはまた、FHSS (周波数ホッピングスペクトラム拡散)を使用します。IEEE802.15.4に定義される全15 チャンネルが、パラレルに使用されます; WirelessHARTはFHSSを使用してこれらチャンネルを “ホップ” して飛び越えます。すでに使用中のチャンネルはブラックアウトされており、他のワイヤレス通信システムと干渉しないようにされています。

10の同期化と15のチャンネルの組み合わせにより、毎秒1500の通信が可能です。



WirelessHART ネットワーク網トポロジー