Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

DIN レール (パワーレール)

パワーレールは、金めっきインレーの35 mm DIN レールから構成されます。モジュールの下の金めっきコネクタは、パワーレールにスナップで留めるだけです。これにより、各地点の接続が廃止され、個々のアイソレータからのエラーメッセージを集め、提供します。パワーレールは、2つのバージョンをお届けしています:

  • 電源とエラー信号を供給する3 レール (UPR-03)
  • 給電用の2レール、データ通信用の3レールの5レールバージョン (UPR-05)


電力送り込みモジュール

電源フィードモジュールは、パワーレールと外部電源24 V間を接続させます。電源フィードモジュールによるリダンダンシー電力供給が、高度な安全性をお届けします。あるモードでヒューズが飛んでしまった場合、2番目のモードがパワーレールにエネルギーを送り続けます。ユニット内のアラームコンタクト出力は、電源ロスまたは個々の I/Oモジュールからのエラーメッセージを集合して示します。


電源装置

Pepperl+Fuchs は、120/240 V AC 給電で24 V DCに変換し、 4 A または 500 mAにて供給します。これらのユニットはパワーレールに直接接続するので、この場合は電源フィードモジュールは不要となります。これらは設置にフレクシビリティを与え、Kシステム用電源分配オプションを強化します。