Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

絶縁形スイッチングアンプリファイヤ


スイッチングアイソレータ(絶縁バリヤ)が危険エリア内の近接センサに電力を供給し、オンオフ電流を受け取り、その入力信号をデジタル出力信号に転換し、スイッチ信号をDCS または PLCのような制御機器に伝送します。

スイッチングアイソレータは、主に3つのコンポーネントから構成されます:電源、トランジスタスイッチ増幅器と出力ステージ。電位的な分離が入力と出力、電源回路を絶縁します。

アイソレータ入力ステージは、DIN EN60947 (NAMUR)に準拠して設計されています。つまり、通常操作での開放電圧は約8 VDCであり、ショートサーキットの電流は約8 mAであるということです。スイッチングレベルは、1.2から2.1 mA typ.です。

多くのPepperl+Fuchs製アイソレータは、危険エリア回路向けにリード切断とショートサーキット監視 (スライドスイッチによりアクティベート)を提供しており、これらアイソレータは、切り換えスイッチのモード使用により3つの出力状態を選定出来ます。リレー出力、アクティブトランジスタ出力、パッシブトランジスタ出力があります。