Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

周波数変換器


周波数変換器は、各種危険エリア信号 (メカニカルコンタクト、近接センサ、磁気ピックアップ、電圧または電流レベル) から安全エリアに入力周波数を変換します。入力信号は、絶縁されたオープンコレクタ・トランジスタ出力上で再生され、また、入力周波数に応じたアナログ出力信号に変換されます。

周波数アラームエラー検知用監視が、リレー出力とエラーバス出力により提供されます。アナログ出力は、カレントシンクまたはカレントソースとして、あるいは2種類の異なる電圧レンジが選択可能です。機器は、DIPスイッチまたは操作ソフトウェアプログラム PACTware™により調整可能です。本質安全入力は、 EN 50020 により、出力と電源から安全に絶縁されています。