Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

ガイド付きマイクロ波


測定原理

システム原理は、センサの測定ワイヤケーブルに沿い、充填素材により反射される電磁パルスの反射時間に基づいています。センサ内で統一化されたエレクトロニクスが、パルスのエコー時間から充填状態を判断し、これをディスプレーに表示します。

電磁パルスが発信され、充填素材に反射され、再び受け取られます。パルスのエコー時間は、媒体の表面からの距離に比例します。


作動モード

この、液体と粒上固体の継続するレベル測定は、ロープにガイドされる時間マイクロ波パルスの伝播時間測定 (TDR)に基づいています。

高周波パルスが単一伝導体とセンサロープとによってガイドされ、媒体の表面で反射されます。インターフェースエレクトロニクスが、パルスの伝播時間から大容量の素材を判断します。測定原理の大部分は、圧力や温度、表面の動きなどのプロセスの影響に無関係です。