Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

ベーシック電源


ベーシック電源

基本仕様の電源/strong>が電力を単一セグメントに供給します。電源は、20 mm 幅の筺体内で作られており、DINレールまたはパワーレールにスナップ留めされます。パワーレールを通じて、それらはリンダンダントのバルク電源に接続されます。標準機能は、全体的にパッシブな設計となっています – インピーダンス発生や最低の電力損失等です。それらは、小さな設置またはテスト用実験所環境にとって理想的な電源です。

もっとも重要なことに、電源設計は顕著な節約につながります。キャビネット内のスペースが増え、冷却の必要が減ったことから、しばしばキャビネット内のファンが不要となります。モジュールは、フラッシュ取付けが可能ですので、スペースが不要です:異なるアプリケーション向けに3バージョンが存在します:


電源モジュール

電源モジュールには、フルな電位的絶縁、パッシブなインピーダンス発生、および低い熱損失の機能があります。これは、フィールドバスセグメントにおいてもっともよくあるチョイスです。出力電圧は、防爆コンセプトによって選択可能です。


電源変換モジュール

この、ほとんど全部がパッシブユニットで、バルク電源が直接フィールドバスに給電します。パワーコンディショナには、質の高いバルク電源が使用され、制限されたノイズとクロストークだけが予期されます。

電源リピーターモジュール

電源リピータは、現存のセグメントを拡張します。電位的に2本のケーブルを絶縁し、データ信号をやり取りします。これが、波形をリフレッシュし、ケーブル距離を最大にします。出力は、安全エリア、高出力トランクおよび本質安全防爆アプリケーション用に利用可能です。