Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

ポジションガイドビジョンセンサPGV


データマトリックス技術を用いた無人搬送車(AGV)制御の進歩

切手サイズに集約された膨大なデジタル情報を格納する2次元データマトリックスコードは、商業的要素で使用されることが多く、ファクトリオートメーション向けでの活用はまだ十分とは言えません。しかし伝統的なAGV制御と、この革新的な技術を融合することでマテリアルハンドリングは新たなステージへと進歩します。

Pepperl+Fuchsのポジションガイドビジョンセンサ(PGV)は世界初の2次元データマトリクスをベースとした位置追跡・制御システムです。産業用2次元カメラを使用し、2次元コードやカラーバンドに沿ってキャリアを誘導するだけでなく、開始・停止・カーブ・分岐などのアクションをミリ精度でコントロールできるアブソリュートエンコードシステムにも使用でき、キャリアの完全識別ソリューションを提供します。

このPGVシステムは防塵・堅牢・耐外来光干渉仕様で、設備システムのパフォーマンスを最大化することができます。

 

特長:

  • 高反射面であっても異なる色のルート追跡用カラーバンド
    (テープ・ペンキ)や2次元データマトリックスコードを確実に検出
  • 優れた耐外来光干渉性能(10万ルクス以上)を有し、コントラスト処理も不要
  • ワイドスキャンウィンドウと2次元データマトリックス技術の融合は、破損や汚れで欠損した位置情報も補完しシームレスなナビゲーションを提供
  • コンパクトなハウジングは小さいAGVにも設備可能
  • プラグアンドプレイによる簡単接続
  • 多様なインターフェースをラインナップ