Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

アナログ近接センサ PMI


可動部の位置情報を切れ目なくモニタリング

長年にわたる近接センサの開発経験を持つPepperl+Fuchsは、アナログで位置検出と角度検出が可能なセンサを開発いたしました。
これらのセンサは高周波発信式近接センサの技術を応用し、一つのハウジングに複数のコイルを内蔵、それぞれのコイルが連続的に連動しターゲットの位置を検出します。これにより装置の直線的なストローク、回転体の位置をモニタし、装置の状態を常に把握することが可能になります。
 
反復動作に強い非接触式
PMIシリーズは、マシンおよびプラントエンジニアリングに高い信頼性を提供します。
反復動作における摩耗や測定誤差を防ぎ、長期的な工業用途へのソリューションを実現します。    

自由度の高いターゲット
ターゲットに磁石を使用する必要はなく、鉄、ステンレス、アルミなど磁性体金属であれば材質は選びません。機械可動部がターゲット寸法規定値にできれば可動部を直接読み込むことも可能です。 

多様なアウトプット
PMIシリーズは、一台のセンサに複数のアウトプット機能を兼ね備えています。マシン可動部の移動範囲をアナログ値で評価でき、また、別の出力ラインで任意の位置をトランジスタ出力させることができます。PMIシリーズは、従来3つ以上の別々のセンサを必要としたいくつかの機能を一つのセンサに統合させました。センサのコストだけでなく取付時間やスペースを削減します。
 
製品ラインナップ:

  • F90 多機能・堅牢シリーズ - コンパクトで堅牢、非接触で摩耗のない位置検出が可能
  • F110 長尺シリーズ - F90シリーズの長尺タイプ、機械振動に強く簡単取付可能 
  • F112 精密シリーズ - F90・F110では対応できない小スペース設置が可能で高精度検出
  • F130 回転角度位置検出シリーズ - 電圧または電流によってターゲットの回転角度位置をモニタリング