Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

耐高温IDシステム

Pepperl+Fuchsは様々な製造環境とプロセスに堅牢な産業用IDシステムを提供します。当社の耐高温IDシステムは500 °Cまでのご使用に耐え得るよう設計されています。

バーコード、若しくはRFIDタグを利用するIDシステムは多くの製品の自動生産設備に使用されています。乾燥工程、接着剤の硬化工程、塗装工程など特定の製造工程にて、耐高温製品が使用されることがあります。

これらの製造工程ではRFIDタグバーコードが数多く使用されています。タグを再利用出来る一部のアプリケーションでは、RFIDが好まれます。

他の設定では、バーコードやRFIDタグは、数100度の温度変化に耐えなければなりません。この様な温度変化のあるアプリケーションでは、RFIDタグの電子部品や電池が使用不可になる場合があります。

OIT耐高温IDシステム二次元コードを直接部品に形成した半永久的にご使用頂けるシステムです。読取りデータは業界標準のものとデータマトリクスコード、又は特注されたもの(したがって、安全です)のいずれかでOKです。ECC200データマトリクス規格を使っており、データに余裕があり読取り許容性が大きくなっています。赤外光ライトによるコントラスト最適化により、汚れや塗料による影響を最小限にする事が出来ます。


特長:

  • 500 °Cまでの高温に耐えられるコードシート
  • 塗装、焼付け及び他の高温環境に最適
  • 生産工程での一貫した識別が可能
  • すべての一般的なコントローラへ容易に接続可能
  • 最大100万個のオブジェクトの識別可能
  • 簡単調節
  • ワンボックスデザインで、追加コンポーネント無し


コードシート付き耐高温IDシステム