Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

アブソリュートロータリエンコーダ


アブソリュートロータリエンコーダはシャフト角度に対応した明確な符号化された数値を出力します。特に位置決めの用途において、アブソリュートロータリーエンコーダは、コントローラの計数作業を不要にするため、追加の入力回路構成をなくし、コストを抑えます。

その上、現在値を直ちに利用できるために、機械の電源投入時や、停電後の基準点復帰動作はもう必要ではありません。パラレルアブソリュートエンコーダは、いくつかの平行ケーブルを通じて現在値を送信します。シリアルアブソリュートエンコーダは、標準インターフェースとプロトコルを通じて出力データを送信します。

従来は、シリアルデータ送信には1対1の接続を構成する場合が多かったのですが、現在ではフィールドバスシステムのほうが多く使用されています。

インターフェース:

Pepperl+Fuchsのロータリエンコーダのポートフォリオには、現在市場で見られるアブソリュートエンコーダ用にもっとも様々な範囲のインターフェースが含まれます。

  • パラレルインターフェース
  • SSI-インターフェース
  • AS-i
  • CAN
  • DeviceNet
  • イーサネット
  • PROFIBUS
  • PROFINET

爆発危険エリア用のロータリーエンコーダ 耐圧防爆または本質安全防爆


Pepperl+Fuchsは2つの異なる防爆のロータリエンコーダを提供します。「耐圧防爆」(EEx d) と、「本質安全防爆」(EEx i)で区別されます。

EEx d 防爆

  • インクリメンタルエンコーダ
  • アブソリュートエンコーダ