Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

安全エリア用LB リモート I/O とZone- 2/Class-1, Div-2

LB リモート I/O ステーションは、危険エリア ゾーン 2/Class-1, Div.2 または ゾーン 22 あるいは安全エリア内に設置可能です。これらは、安全エリア内の制御システムを使い、フィールドからモジュール信号調整システムを形成します。LB リモート I/O は、単一の標準化されたフィールドバス接続(PROFIBUS, Modbus その他いくつか)を使って従来のセンサとアクチュエータをDCSに接続します。
プラグイン入力と出力モジュールは、作動中のシステムで作業の許可なくホットスワップが可能です。

単一チャンネルと複数チャンネルの利用可能なI/O モジュールの幅広いスペクトラムがあり、本質安全防爆と安全増しフィールド接続を提供しています。 これにより、エンジニアリングが簡単になり、御社工場のニーズに適応することが可能になります。

  • 作業許可なしで設置/ メンテナンス
  • Ex i (IS) と Ex e フィールド接続用I/Oモジュール
  • I/O モジュールは、どのような順序でもバックプレーンに設置可能です。
  • 1 - 8 チャンネル I/O モジュール
  • 標準バス (PROFIBUS, Modbus, ...)
  • 構築は、バス経由で達成可能です
  • HART通信が利用可能
  • オプションでバスと電源供給の2重化が可能
  • FDT コンセプトをサポート
  • バスから独立した SIL 2 シャットダウン出力利用可能
  • FAT と GAMP4 FAT オプション