Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

オイル、石油とガソリン分離の監視

オイル、石油とガソリン分離の監視

オイル、石油とガソリン分離の監視
オイル、石油とガソリン分離の監視

オイルセパレータ</STRONG>と<STRONG>油・水セパレータ </STRONG>を使って、地下水源をオイル、ガソリン、または石油による汚染から保護することはひじょうに重要です。水、特に地下水源は、飲料水その他、人間に利用されており、汚染から保護されなければならない貴重な資源です。車修理工場、空港の滑走路、そして産業用アプリケーションは、油の混じった水を発生させることがあります。これは、地下水 汚染の原因となります。
 
オイルセパレータと油・水セパレータは、これら危険な物質が環境に放出されることを防ぎ、これにより地下水汚染を防いでいます。
 
オイルセパレータと油・水セパレータは、欧州規格 EN 858-1:2002が定める要件を遵守しなければなりません。しかし、オイルセパレータを設置するだけでは、水源を保護することはできません。油水分離システムが信頼性を持って機能するようにするためには、設備をチェックし、定期的・かつルーチンで監視・確認されなければなりません。これらの安全と保守のためのチェックなしでは、環境的なダメージとその結果としての製造責任のリスクを防ぐことができません。
 
オイルセパレータと油・水セパレータの注意深い監視には、 電子アラームシステムが提供されており、セパレータの危険な作動状況を知覚する早期警告メカニズムを持ちます。ひじょうに早期に知覚されるため、汚染が環境に放出されることを防ぐことができます。
 
人員が不在のエリアで、供給電圧が利用される場所では、アラーム発出システムが GSM モバイルネットワークを通じて作動し、1年365日、24時間の保護を提供するものです。
 
オイルセパレータ用電子アラームシステムの要件もまた、欧州規格 EN 858-1:2002 にて規定されています。これには、「過度に軽い液体または高低の下水レベルであるときにアラームを発出する設備」に関する特定の要件も含まれます。