Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

バスのドア安全センサ (日本未販売製品)

タスク

バス自動ドアは開閉から乗客の保護が求められます
バス自動ドアは開閉から乗客の保護が求められます

バスと電車の自動ドアには、乗客を間違って挟まないようにドアの端保護が求められます。これらのセンサは、ドア制御ボックス内の隙間に装着されなければなりません。これらが開閉の邪魔になってはならず、また可能な限りイタズラや暴力行為から保護されなければなりません。


実施

バスと電車のドアアプリケーションでは、ドアの設計によりセンサを装着させるスペースに制限がある場使用に、光電センサが優れた実績を残しています。Pepperl+Fuchs は、2つの異なるソリューションをご用意しております:


コーナー調節 PROSCAN
コーナー調節 PROSCAN

ソリューション1:
ここでは、2つのマルチビーム光電センサ "PROSCAN-T"がドア上部の端に一体化されており、各6つのビームで扇形のパターンでドアエリアをモニタしています。重なり合う光の扇が、最小のビーム距離にて最大の信頼性をお届けします。


2部 TOPSCAN
2部 TOPSCAN

ソリューション2:
ここでは、赤外線グリッド “TOPSCAN”が使われています。背景を排除した5つまでの光センサが、ドアの全幅をカバーする光線内に組み込まれています。これらが、床上約200 mm までのドアエリアをカバーします。従って、それらの機能は床の状態が変化しても保護されていることになります。


顧客の利益

ユーザーは、ドアの端を保護する信頼でき、メンテナンスの少ないシステムを構築することができます。