Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

製造での品質管理:プラスチックプレートとフィルムシートの二重シート検出

タスク

プラスティックプレートとフィルムシートのコスト効率のよい処理は、印刷製品製造においてひじょうに重要です。光沢の強い製品に対する品質要求は、厳しいものです。表面上の最小の擦り傷や、100%清潔でない製造上のステップさえも廃品を出す原因となります。

プラスティックプレートとフィルムシートはスタックから分けられ、さらなる処理のために個別のユニットに入れられます。個別のプラスティックプレートとフィルムシートが所定のサイズにカットされる前に、プレートもシートも1つずつ供給されていることが確認されます。そうしないと、機器が損傷し原材料も使用不可となり無駄になります。

二重シート検出は機器の寿命を延ばし、原材料の廃棄を最少化します。


実施

Pepperl+Fuchs 製UDC-18GM-400-3E3 超音波二重シート検出機 (図 1を参照) は、製品がブレードに達する前にその存在をチェックします。静電気またはその他の理由により1枚以上存在する場合、警報を鳴らします。UDC-18GM-400-3E3 は、シートがない場合や単一シート、二重シートを確実に識別し、信頼のおける品質処理を実現します。



図1:Pepperl+Fuchs 製UDC-18GM-400-3E3による二重シー検出

顧客の利点

二重シート検出は、以前は単純は機械スイッチでなされていました。接触する測定は光沢の強いプレートやシートに傷をつけます。品質を向上させるために非接触型超音波検出への変更がなされました。擦り傷はもう、過去の遺物です。

Pepperl+Fuchs 製UDC-18GM-400-3E3 超音波二重シート検出機は、幅広いアプリケーション用に設計されており、透明フィルムから薄いフィルムシート、2 mm 厚のプラスティックプレートまで全原材料をチェックすることができます。シートスチールのような厚めの対象物体には、UDCM-30GM-085-3E3超音波二重シート検出機がご利用になれます。


超音波センサテクノロジーガイド