Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

テンションの下で:PMI120-F90近接センサ

モーターチェーンテンショナーの正しい据付けをモニタ。

こんにちのモーターの寿命は、多数の要素によって決定されます。動作の軽いオイルと清潔な排気ガスに加え、モーターチェーンのような機械部品が現代のモーターの寿命にかかわってきます。各モーターは通常、機械的に消耗するものです。この機械的な消耗を最小に抑えることが、モーターの寿命を延ばします。

モーターコンロトロールチェーンはしばしば、駆動機器のクランクシャフトとカムシャフト間のリンクの役目を果たします。定期的に締め付けられるモーターチェーンは、最大磨耗破断2%と問題なく作動します。モーターチェーンが締め付けられない場合、チェーンが不安定に廻るようになり、磨耗が進みます。チェーンが正しい張力を持たない場合、モーターが損傷します。

磨耗が最小限で済むモーターチェーンは、モーターの寿命を顕著に延ばします。ドイツミュンヘンのチェーンの製造業者であるiwis社は、高精度チェーン製造業者であり、多くの自動車製造業者に供給を行っています。


タスク

17 の異なるタイプのチェーンテンショナー生産ラインが設計されなければなりません (図 1参照)。このアセンブリラインで、自動車産業用のさまざまな長さと径を持つ17の異なるチェーンタイトナーをロボットがアセンブルしています。これは、完全にオートメ化されたプロセスです。アセンブリのためのテストツールはフレキシブルでなければならず、モーターチェーンテンショナーの異なるサイズを正しく検出する必要があります。



図1:モーターチェーンテンショナーのアセンブリライン


実施

ハウジングの長さと径は、Pepperl+Fuchs製PMI120-F90-IE8-V15 高周波発振位置測定システムを使って 信頼できる状態で検出されます。 検出されたサイズがロボットの変数つめに送られ、その後合致するスプリングとタペットを筒に入れ、すべてを圧縮します。

生産中、アセンブリは注意深く監視され、制御されます。Pepperl+Fuchs アクチュエータは特別な制御ユニットに据付けられています (図 2を参照)。この制御ユニットは、モーターチェーンテンショナーのタペットのスプリング張力を検出するための圧力を定義するものです。この圧力下で、タペットはハウジング内に沈みます。オフセットは、カウンタユニット上のPMI120-F90-IE8-V15高周波発振型近接センサを使って測定されます。



図2:PMI120-F90-IE8-V15 高周波発振パス測定システムとBT-F90-W アクチュエータを使ってスプリングの張力を制御するユニット

顧客の利益

多目的位置測定システムを使事で、迅速にさまざまなモーターチェーンテンショナーがアセンブリ可能となります。新しいチェーンテンショナーへの交換期間が最小になります。