Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

AS-iを利用する燃料と潤滑油生産

ガソリン給油ステーションデュオ

効率的なソリューションAS-インターフェースは、 自由なトポロジーで、徹底したネットワークシステムを可能にします。
効率的なソリューションAS-インターフェースは、 自由なトポロジーで、徹底したネットワークシステムを可能にします。

現存のほぼすべての自動化システムと完璧に互換性のあるASインターフェースは、理想的なティームプレイヤーです。ASインターフェースは、プロセスエンジニアリングの分野においても、そのシンプルさ、フレキシビリティ、経済性で優れています。これは、2006年末に終了したドイツのラインーマイン地方の大規模な燃料と潤滑油の生産システムの場合でした。PROFIBUS PA の混合二重アプリケーションとPepperl+Fuchs製のカスタム化されたASインターフェースソリューションを使い、爆発の危険性のある場所にモジュールを利用することによって一般的なネットワーキングが実現されました。


売り手にとっても買い手にとっても、ガソリンスタンドでは燃料価格よりも重要なものはありません。燃料潤滑油の消費者と製造業者は、2-3円でも節約できると助かります。 支所を多く持つ生産施設を単一のシステムにて取り扱うことを可能にすることにより、この節約は実現可能となります。「システム」はすでに「経済性」の類義語となっています。AS-インターフェースの価格は、2006年に完成したラインーマイン地方での大規模な燃料と潤滑油生産システムための新しいビルディング向けにAS-インターフェースソリューションPROFIBUS PA用に選ばれた決定理由でした。 このオートメーション式のバス(ASインターフェース)が、どの方法よりもより費用効率よく、また効率的に作動することは有名な事実です。下位のフィールドバスにおける一般的な AS-インターフェースネットワークの一体化は、通常の標準的スレーブと比べても複雑ではありません。このためユーザは、特に他システムとの組み合わせにおいてAS-インターフェースの昔からの長所を利することができます。

AS-インターフェースは、複数のサブブランチと大規模ネットワークのカバーとともにこの包括的なシステム完全に一体化が可能です。明白な利点に、AS-インターフェースはシールドされていないケーブルを使用する必要がないという事実があります。迅速な接続テクノロジーにより、立ち上げ時の時間を節約することができます。燃料と潤滑油保存テクノロジーを含む新しいプロセスシステムには、約1キロのネットワーク距離を達成するためにデュアルマスターデバイスが使用されていました。

スター結線は数個のリピータと電源のエクステンダとともに、制御キャビネット内から開始されていました。外部電源を伴う電源供給が、K24ハウジング内にて2つの8A電源ユニットによって供給されています。緊急時には、余分の8A電源ユニットがバックアップを提供することになります。必要なときにアクティベートできます。4ハウジング内の追加リピータが、距離をつなぐためにフィールドで使用されていました。ステーションとステーションの間には,往々にして20メートルの距離がありました。AS-インターフェース使用可能の位置センサは、フラップをスキャンし、機械デバイスをスイッチするのに使用されます。これにより、AS-インターフェースがシステムのライフラインを制御することができるようになります。Pepperl+Fuchs はまた、ゾーン1用のAS-インターフェースモジュールを有しており、これは完全にドイツ技術検査協会(TÜV)で承認を受けています。

大規模なネットワーク距離がかかわるため、システムはAS-インターフェースアナライザを使用することが認められており、通信の質もまたチェックされています。最適化されているこの診断の形式もまた、承認報告書もAS-インターフェースの機能的な一体化を書面化したものとなります。プロセスの信頼性こそがすべてです。



AS-インターフェースにより一体化された開閉位置センサにより、バルブの調整が簡単かつ透明なものとなっています