Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

紡織機械でローラーコントロール補正用PMI360D-F130

タスク

織物機械では、原材料のコンスタントな流れは、一般的にはジョッキーローラーまたは補償ローラーを使って規制されています。以前は、リミットスイッチまたはポテンショメータがしばしば使われていましたが、条件の悪い場所では正確・確実でないことが多くありました。


実施

PMI360D-F130 アナログ測定システムは、このタスクに最高のソリューションを提供するものです。非接触型センサーシステムと IP67 ハウジングが、もっとも困難な作業環境に挑みます。補償ローラーの“ポインタの動き“ が、電流信号 ( 4-20 mA)にかえられ、これが駆動制御に使われます。


図1.補償発信機上のPMI360D-F130


図2.機械プレート付きのPMI360D-F130


図3.プロセスディスプレー上のPMI360D-F130

プロセスディスプレーが PMI360D-F130 の信号を工場の操縦者に伝えます。


顧客の利益

Pepperl+Fuchs製PMI360D-F130 アナログ測定システムは、高レベルの工場製稼動を可能にし、不具合のない生産プロセスを補償するものです。