Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

機械読取可能は識別

データマトリクスECC200による電子回路基板アセンブリでの機械読取可能なラベル

電子回路基板に示されたデータマトリクスコード
電子回路基板に示されたデータマトリクスコード

紹介

ほぼすべての生産プロセスに、ユニークな製品識別/strong>と トレース問題は電子回路基板の組み立てに現れます。これに使われるラベルは自動オンラインシステムに記録されます。今日まで、コード 39コード 128のようなバーコードが使用されます。 技術開発や品質管理の要求は避けられずに下記のトレンドに導きます:

  • さまざまな仕上げ工程でより多くの製品がトレース必用となるため、データの量が増加しました。
  • 回路基板が小さくなり、フィッティングの密度が高くなります。
  • コーディングのため空間は小さくなります
  • ラベルコストを低減する必要があります

特に最初の三つの原因で 情報密度を大幅に上げるラベル方法が求められます。 1980年の終わりにアメリカで使用し始めた二次元コード(2Dコード)の発展は、「不可能を可能にし」更に四つの要求の遂行を可能にしました。


基準は透明化と信頼性を作ります。

1990年代、創造は境界無しで、異なる記号は30種以上ありました。それと同時に、基本技術設備(プリンタ、読取設備、ソフトウェアなど)のプロデューサーにしても、そのユーザーにしてもそれだけの種類に対応できないことが分かってきました。透明化と信頼性を立てるには、標準化委員会はこれらの2D 記号「規格」の作成を担うことになりました。約2年前から、この分野には国別の活動は行わず、すべては国際標準化機構の3つの作業グループ(ISO/IEC JTC 1/SC3、WG 1-3)を中心に実施されています。実質的なグランドワーク、例えば、DIN(ドイツ)の情報技術N1 31の規格委員会は国の作業グループから作成されました。


バーからドット - データマトリクスECC 200!

データマトリクスは主要なコードの一つです。今日、この記号は小さな部品の読取可能ラベル用の最初の選択肢です。DIS 16022(国際規格案)の公表が差し迫っているだけではなく、差し当たり、さまざまの組織(自動車産業アクショングループAIAG、エレクトロニクス産業協会 EIA、SEMI および EDIFICE)はデータマトリクスの推薦を宣言しています。

データマトリクスの利点は明白です。

  • 最高のデータ密度 = より小さなスペース - 要件
  • 実際にどんなシンボルサイズ(スケーラビリティ)もさまざまな用途に適応できます。
  • ほぼすべての印刷プロセス(オフセットから熱転送、インクジェットやレーザによるダイレクトマーキングまで)に適します。
  • 低いコントラストでも読取可能
  • 特別な設備なしで360度の方向で読取可能
  • 英数字及び顧客の要望に対応するデータ設定をコード化することが可能
  • 電子データ転送が可能
  • 自動エラー検出と修正による高度読取信頼性

高いフレキシビリティと小さなスペース要求は特に多くの電子メーカの関心を集めました。このフィールドにはラベリングと直接記録プロセス(インクジェットとレーザで)という2つのプロセスはコードを生成するために競合します。


一つ問題がのこります = ラベルにするか直接記録しますか

長い間、ラベルは使用される コードキャリアでした。ただし、データマトリクスの構造(すなわち、個々の細胞の形の構造)で、直接マーキングプロセスの実行が当然なことになりました。インクジェットプリンタやレーザ彫刻の記録実行はここで例として挙げられます。両方とも明確な利点と欠点を持っています。基本的な議論が下記のテーブルに記載されています。反対側のテーブルではラベルに熱転写印刷が直接問題を起こさないことを示していますが、その代わりより大きいスペースと高いコストが求められます。インクジェットダイレクト印刷とレーザ彫刻を利用する際、実際の成功と失敗を決定するいくつかの条件を考慮しなければなりません。


熱転写インクジェットレーザ彫刻

印刷品質

a - シンボル割合

 

良いから非常に良い

 

限られた

 

良い

b - コントラスト良いから非常に良い背景即ち下塗り
に依存
材料即ちプロセスに依存
データの量フレキシブル制限された制限された
位置決め~から独立でければフレキシブル下塗りに依存下塗りに依存
スペース要求ラベルサイズに依存小さい小さい
コストラベルコスト低い低い

「規格」かどうか - それが問題です!

グラフィック描写では、 データマトリクスコードはそれぞれ特定の機能を持つ3部分から作られています。


ファインダーパターン
コードの空間的位置とトータルサイズを定義し、可能な歪みの認識を可能にします。


交替パタン
コードマトリクス内のデータセルの密度を指定します。

データ領域
データを含み、ある程度の障害を識別し、それを排除するエラー修正プロセスを提供します。


ファインダーパターン交替パタン はまず機能によって決められます。もしここで問題があれば、コードを読むことができません。もし中の一つが標準要求に従えば、L形の ファインダーパターン は明確に定義された縁と幅のある接続される直線から作られなければなりません。交替パタン は50-50グリッド(空きスペースからセルまで)に配置された離散的なセルから作らなければなりません。


成功の保証として最低限の要求を維持します

インクジェット印刷は以下のように、どんな偏差が実際には起こりうるかの例として知るべきです。


ファインダーパターン
非接続 - 縁は同じ直線にない半円要素から作られます。

交替パターン
個々のドットは波に形成し、いくつかの個々のドットは完全に失われます。

データ領域
個々のセルは明確にグリッドの中心部から外れます。二つの中心点の真ん中の位置というアレンジメントは論理的ではありません。エラー訂正を開始します。


改良の評価方法は、データマトリクスシンボルが読取可能のように生成されることを確保します。しかし、外からの汚れやクリーニングでコードが読取にくい時に、エラー修正が読取可能性と読取信頼性を確保することは注目されます。しかし、バックアップが必要です。シンボルをデコードすることができるため、その過程で読取装置を向上させる必要があります。それは機能バックアップの保存を保証する必要最小限が定義されるべきである理由です。




反対側の図は問題を示しています。セルを収容する領域に関係あります。この領域が小さ過ぎるなら、センサ検出はより下回るでしょう。 それが大き過ぎるなら、隣接しているセルは「1」として置かれるかもしれません。どちらの場合も、代替誤りが発生します。

図2では、中心部からコードドットの「移行」が見られます。極端の場合、ポイントは2つの中心の真ん中にあります。この後、論理的にドットをマトリクスの特定位置に配置あることが必要ではありません。

図3のように描いた二次セルは典型的と理想的です。このモデルを参考として挙げられます。セルが方形の代わりにドットの形であれば、原則として領域はより小さくなります。ドットの直径は方形の辺の長さと同じであれば、領域は20%小さくなります。これは容認することができます。中心からの「移行」に関して、最大値の25%を超えてはいけません。この後、他のすべての許容値の観点から、論理的に正確な配置は保障できなくなります。このシンボル印刷ガイドラインの原案作成はISOワークグループSC 31 WG 3で進行中です。1999年の終わりまでに、具体的な提案を策定しなければなりません。