Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

パイプ生産

タスク

UPONOR Rohrsysteme 社は、衛生用と暖房用のパイプその他を生産しています。これらパイプの生産のため、UPONOR は自社用機械を製造しています。各機械はコイルから押し出し機に引き入れます。金属片が引き入れられる速度は、金属片にかかる過剰な張力を避けるために制御されなければなりません。



図1.引き込み速度はアナログ測定システムNBB3-F90-104-IU-V1により制御されています

実施

図にある機械の場合では、この引き込み速度は、ダンサー制御として設計されている刷新的なアナログ測定システムNBB3-F90-104-IU-V1により制御されます。

金属片は送り込みループにより機械内に送り込まれます。このループで、スイバル連結部の上部にてアームが挿入され位置決めされます。このアームが「ダンサー」と呼ばれます。その端は、ループに挿入され、ロールとなります。アームのもう一方の短いほうの端は、近接アナログ測定システムNBB3-F90-104-IU-V1を作動させます。



図2.アナログ測定システム NBB3-F90-104-IU-V1 は、精度と分解能の高い非接触型の位置決めをします

金属辺が引き入れられるとき、アームの位置が変更され、アナログ測定システムの端が各コイルシステムに異なるエネルギーを与えます。これにより、信号が発生し、金属片の引き込み速度を継続して適応させるのに利用されます。


顧客の利点

アナログ測定システム NBB3-F90-104-IU-V1 は、精度と分解能の高い非接触型の位置検出をします。参考のための測定が不要になり、センサに開始値や終了値をティーチインしなくてもすむため、これはユーザーに有利となります。このアブソリュート測定システムを利用するもう1つの重要な理由は、制御の接続が簡単だということです。