Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

風力発電所での近接センサ [アニメ]

風力発電所は、風力タービン内に M12近接センサを使用しています

M12 円柱形近接センサ は、ナセルの動きを制御するために風力タービン内で使用されています。ローターは常に風に向かい、風力タービンができるだけ多量の電力を発生させることができるようにします。偏揺れ角モータがナセルを廻し、ローターが風に向かわせます。各モーターの回転が、特定の角度にてナセルを廻します。M12 高周波発振型センサは、タービンの正しい回転をモニタします。強風の場合、ひじょうに強い力がかかわり、ナセル制御の不具合・故障は高いコストとダウンタイムを招きます。