Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

搭乗フィンガーはあらゆるサイズの飛行機に適合

超音波センサが信頼のフィードバックを提供


「お互いが会えるように世界をつなぐ」このモットーを実現するため、より多くの乗客を運ぶため、航空業界では現存の航空機に加え、より大容量の航空機を導入しています。エアバス A380 は、840 名をも輸送することができ、史上最大の定期旅客機と考えられています。長さはほとんどサッカー場の端から端まであり、翼から翼まではサイドラインをはるかに超えます。この巨体が離陸し空に浮くことにも驚きますが、A380は地上でも大きなチャレンジに直面することになります。現存の空港のドッキングと一体化させるため、新しい搭乗橋超音波センサによりスムーズで自動的なアプローチと節約がかなうよう設計されています。


チャレンジ

搭乗ブリッジは、空港ターミナル建築物のピボットの一方の端に永久的に装着されており、異なるサイズと輪郭を持つ航空機に合わせられるよう、左右、上下に動き、伸縮することができます。この搭乗ブリッジの滑らかな動きは、フィードバックセンサのリニアリティーと再現性に大いに依存します。わずかなエラーも数百万ドルする航空機には大きな損害となりえます。さらにセンサは、厳しい屋外の環境条件で作動しなければなりません。


解決策

目標物の位置評価を音の原理を利用するテクノロジーに通じることにより、Pepperl+Fuchs 超音波センサ搭乗ブリッジ位置決めアプリケーション用製品として、発表と同時に大人気を博しました。各搭乗ブリッジは複数の超音波センサを装着し、域の短いセンサが搭乗ブリッジの航空機へ水平的なアプローチを制御し、域の長いセンサが航空機のタイプに応じて搭乗ブリッジの水平の高さを揃える手助けをします。超音波センサは現場での実験を成功裏に終了し、上記のチャレンジを克服したのです。



超音波センサテクノロジーガイド