Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

Pepperl+Fuchsロータリエンコーダによる箔巻取機のモニタ

ATH Automatisierung und Anlagentechnik Hameln 社では、他の製品とともに、フォイルや紙、フリース業界においてもっとも多種多様なコントロールテクノロジーの開発を主に行っています。



図1.フォイル巻き機械

タスク

フォイル巻き機 (図 1) 内の大型リールは巻取り状況に応じて駆動モータの制御テクノロジーを通じて上昇,下降しなければなりません。

現存のロータリー軸の正確な位置を検出するために、アブソリュートエンコーダが必要となります (図 2 と図 3)。

特に薄いフォイル (6 µm) と高速(1000 m/min) の場合に、巻きのプロセスとコイルリール交換を実行するために、正確な位置検出が特に必要です。


実施

駆動モータの制御のために、Pepperl+Fuchs 製単一回転と複数回転のアブソリュートエンコーダ PVS58N-011AGR0BN-0013 と PVM58N-011AGR0BN-1213 が使用されています。



図2.線軸の位置検出


図3.回転軸の位置検出

顧客の利点

ロータリーエンコーダテクノロジーは、高価な機械式読み取り装置に取って替わりました。エラーによる製造責任問題が減少しました。エラー頻度の減少により、費用のかかる工場停止が防げるようになり、工場操業中のコストダウンも実現しました。