Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

F90近接位置決めシステムによる箔アンワインダ位置決め

Heinrich Wemhöner GmbH & Co. KG 社は、ドイツWestphalia東部Herfordに本社を持つ会社で、木材処理産業界向け、自動車業界向け、そしてソーラーテクノロジー向けのプレス機を開発・製造しています。短サイクルで、送り込みの激しい3Dバリオプレス機で知られ、Wemhöner はグローバルなテクノロジーのリーダです。


タスク

フォイル巻き戻しのより正確な位置決めを記録するために、ON/OFFの2つの状態しか検出することができない、機械的リミットスイッチを交換し、アナログ出力と2つのプログラム可能なトリップ出力機能により正確な位置決めを可能にする。

実施

Pepperl+Fuchs 製F90 センサが、正確な位置決め記録に使われています。PMI104-F90-IE8-V15 を使用すると、2つの機械的トリップスイッチが不要になります。図1の様に、装置は目標物の幅がたった 5 mm でも問題なく作動します。



図1:目標物の幅が5 mm の場合のPMI104-F90-IE8-V15

顧客の利点

Pepperl+Fuchs 製F90 近接位置決めシステムを使うと、 センサがどのような機械的消耗も受けないため、対照制限スイッチにおいて特に優利です。エラーが減少します。据付が迅速かつ簡単なため、顧客はさらに費用を節約できます。フォイル巻き戻しの正確な位置決めは、随時、 0 ~ 104 mmのセクション上の 4 ~ 20 mAアナログ出力により決定されます。