Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

排水処理工場における安全

排水処理工場における安全

排水処理施設における安全
排水処理施設における安全

幅広い 本質的に安全なソリューションが要求される排水処理施設の特定のプロセスエリアに加え、水ろ過設備と排水処理工場自体全域が、腐食や埃、チリ、爆発性の気体がないか、さらには落雷防止とパージ抑制においても監視されなければなりません。Pepperl+Fuchs は、排水処理工場を安全で、効率的に操業させるための幅広い保護方法を有しています。


腐食
水ろ過設備においては、腐食の予防と監視、修理が、主なコスト要素となります。ダウンタイムコストは含まれていません。これらコストは、腐食が純粋に歴史的な価値または複雑な科学的方法としてでなく、むしろプロセス変数として見られるときによりよく制御されます。 CorrTran® MVを使ったオンラインのリアルタイムでの監視により、腐食が起こった時点で排水処理プロセスにおいて直ちに変更を行うことが可能となり、これにより腐食の影響を抑え、水ろ過の操業コストを減らします。


落雷とサージ保護
下水処理工場は、特に大気への放電と落雷の危険にさらされています。さらに、落雷、静電気および電力サージは、下水処理工場特有のネットワークの大きな広がりと複数の接地により、ひじょうに簡単に広まることがあります

落雷と大きな電気設備、また接合設備により、典型的な産業用下水処理工場では、起こりえる 2つの現象があります:落雷と電力サージ。

落雷保護システムは、外部保護と内部落雷保護から成り立ちます。外部落雷保護は、落雷による火災のリスクを最小限に抑え、落雷保護ゾーンコンセプトの実現により、最大レベルへの設置可能性を最適化する手助けします。

接地される落雷の電流の一部は、接地ターミネーションシステムを通じて直接地面に流れます。他の部分は、下水処理工場の外部供給ラインを通じて流れ、設備を損傷することがあります。これら外部供給ラインは、落雷電量サージ保護機器 (SPDs) を備えていなければなりません。避雷器は、排水処理施設にてターミナル設備を高い信頼性を持って瞬間的な電圧から保護します。

水処理工場の特定のエリアにある器具は、落雷と電力サージに対して敏感です。この設備を保護するために、水処理工場にはDCS または PLC システムを使った上級制御が備え付けられています。水処理設備へのダメージは、汚染された水を地元の水源、川や湖に染み込ませてしまう結果を招く場合があります。Pepperl+Fuchs は、隔離を供給し、地面のループを裂ける信号調整器アプリケーションをお届けしており、これによって水処理工場を保護しています。

本質安全防爆
本質安全防爆は、メタンCH4 のような爆発性気体が集まるところで使われています。P+F社のH-システムとK-システム絶縁体は、RPI リモート I/O システムとともにソリューションをお届けしています。排水処理施設の消化吸収エリアは、微小なバクテリアが汚泥を消化吸収し、メタンガスに分解するところです。これらの消化するものたち(ダイジェスタ)は、あまりに多くのメタンと二酸化炭素CO2を生産するので、ダイジェスタタンクに熱を提供し、発電器またはモーター付き車両を操作するために利用されます。

パージ
排水処理施設内の未処理の下水、腐食化学物質、および汚泥は、産業用器具や設備にダメージを与えます。Pepperl+Fuchs は、加圧システム、新Enviro-Line を発表しました(10E-WGS シリーズ)。これは、パネルやキャビネット、その他設備を腐食や埃、塵、大気からパージするものです。