Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

メーリング設備におけるコードリーダ

書類の管理・分類

偏光フィルタ付OPC120Pコードリーダー
偏光フィルタ付OPC120Pコードリーダー

デジタル印刷の分野では、大手銀行、保険会社、通信会社のメール配送センタで使用されている一般市場向けアプリケーションがあります。請求書や口座明細書などのカスタマイズされた郵便物が含まれます。

これらの書類は封筒に挿入される前に個別に識別し、正しく一緒にバンドルする必要があります。これを行うために、各個々のシートは、ユニークなデータレコードを含むデータマトリックスコードが与えられます。すべてのシートは、正確にレター配信設備内の各後続処理ステップで割り当てることができます。


高速・安定検出

レター配信設備の製造プロセスは、24時間7日間で高速に運転します。機械の安定運転を維持するために、コードリーダーの長寿命が重要となります。また、時間あたり50,000ページまでの高速は最高の読み取り率と可用性が求められています。サイクル時間は非常に短いので、高速データ伝送速度が要求されます。トリガポイントとデータ収集の間隔は、普通30ミリ秒未満です。


アプリケーション

書類はロールで印刷され、ユニークなデータマトリクスコードが与えられ、個々のシートに切断されます。同じ受信者に属しているすべてのシートが収集されます。販促チラシのような追加情報が加えられ、すべてが封筒に挿入されます。個々のページを識別し、すべてのシートを適切にルーティングするために、コードリーダは、全プロセスを通してマシンに沿って配置されます。これらのリーダにより、データマトリクスコードは繰り返して読み取られます。



OPC120Pコードリーダは、レター配信設備でデータマトリクスコードを読み取ります

コードリーダは、PLCに信号を送信し、すぐに適切な​​制御処理をトリガします。高速な解析アルゴリズム決定的応答が不可欠です。異なる用紙の種類のパラメータを変更せずに、高速でコードを読み取る能力も必要です。宣伝パンフレットなどの反射面でも安定してコードを読み取る必要があります。


OPC120Pコードリーダーのメリット

  • 反射率の高い表面でも信頼性の高い1D・2Dコードリーディング
  • 最大10 m / sで100回/ sの高速なコード読取
  • 大きな焦点深度は異なる距離、オフセット、コードサイズで信頼性の高い動作を実現
  • 長いバーコードの読取、印刷の有無検出、マルチウィンドウ、ロゴ比較機能
  • ロータリエンコーダ入力によるトリガ機能