Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

工業用RFIDは機械アクセス制御の安全を守る「KEY」となります

機械の不正操作や重要パラメータの変更はRFID技術で抑制可能

アプリケーション
潜在的な危険性を持ち、複雑かつ高価な機械は、操作訓練を受け承認された人しか使用できないのが原則です。電子ログブックは機械操作のパラメータと作業員IDを記録するのに使用されます。


使用例     
機械の安全な操作はもちろんのこと、機械自体の損傷を防ぐことも重要です。工業用RFIDは機械稼働時間、生産部品の種類、操作員IDのログを追跡することも可能です。


要件
安全性プロセスを確保するために、データの自動追跡は改竄(ざん)防止する必要がありますが機械の操作はシンプルでなければなりません。さらに、機械へのアクセスを許可するために使用される「KEY」は操作員の確認はもちろんのこと、データの関連付けが容易に再現可能であってはならず、失効した場合は簡単にブロックする必要があります。


長所
従来のアクセスキーの代替となるRFIDタグはコストが低く、複製困難、タンパー防止ですが、作業員の権限レベルを柔軟に管理することができます。同じ「KEY」で異なる機械の操作権限レベルを設定することや時間制限を強制化することも可能です。



機械の操作許可はRFIDで管理

何がなされたのか?

キーフォルダータイプのRFIDタグはこのアプリケーションに特に有用です。対応する読取ヘッドと組合せることで、色分けされたRFIDタグを異なるアクセス権限レベルで使用することが可能です。作業員・メンテナンス担当者・システム管理者などを区別することによって、各操作をさらに細かく分類することができます。   機械使用権限は必要に応じて変更することができ、稼働率操作分類評価することが可能です。