Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

コンベヤシステムでのトラックスイッチ読み取りポイント用に開発された産業用RFID F61読み取りヘッド

内蔵式RFIDトランスポンダとインテリジェントコンテナの分散制御

工業用RFIDは、ガイドコンベアシステムに新しい視界を開きました
工業用RFIDは、ガイドコンベアシステムに新しい視界を開きました
Pepperl+Fuchsの洗練されたRFID技術の優位性を利用して、お客様の倉庫物流の制御を提案いたします。コンベアシステムと生産システムでは、作業手順やコンベアのプロセス制御は、しばしば集中的に制御されます。 Pepperl+Fuchs製F61 RFIDの読み取りヘッドは、お客様がプロセスを最適化するのに役立つトラックスイッチの読み取りポイントの基礎を作ります。物流プロセスは、混雑しているコンベアベルトのセクションのように、中断せずに続けることができます。

 


F61読み取りヘッドは、内蔵の書き込み可能なRFIDトランスポンダ付インテリジェントコンテナの現場で直接の分散制御が可能になります。コンテナ内のトランスポンダは、全体コンベアのプロセスに存在しているすべての必要な情報を統合します。


モジュラートラックスイッチは、IDコントロールインタフェースへの接続でトポロジーを検出します

「インターネット販売」の原則は、倉庫、コンベア及び生産システムを効率化にする必要があります。すべての商品に原産地、品質保証、および他のプロセスと転送先に関する情報を伝送するトランスポンダが付いています。書き込み操作は、いつでもこのデータを更新するために使用することができます。これらの情報は次の処理ステップと最良のコンベア経路を選択するために使用されます。

トラックスイッチとワークステーションに取り付けた大型アンテナは、トランスポンダの取り付け位置の制約を無くしました。その結果、中央のデータベースとの組み合わせでタイムクリティカルな調整は不要になり、より高いレベルへのデータの通信が削減されます。コンベヤモジュールと自動トポロジー検出モジュール式構造のため、コンベアの経路はほぼ完全に自動的に動作し、その先に商品を輸送します。

非常にスリムなデザインを特徴としたF61読み取りヘッドは、機械への親和性のある取り付けを実現し、スペースの限られた場所に取り付けるために理想的な形状です。

コンベアシステムで工業RFIDを使用する利点:

  • 最適化されたサイクルタイムと改良されたシステム利用
  • 分散型制御は、より高いレベルに時間のかかる通信を排除します
  • より柔軟な、モジュラー設計のコンベアモジュール

F61 RFIDの読み取りヘッドの主な特長:

RFID F61読み取りヘッド
RFID F61読み取りヘッド
  • 動作周波数13.56MHz
  • 保護等級IP67 
  • スリムなデザイン(12 mm x 28 mm x 80 mm)
  • 金属への取り付けが可能
  • RFID IDコントロール又はIDコントロールコンパクトインタフェースに接続することが可能