Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

高所作業車上アームシステムの位置検出用傾斜センサ

F99シリーズの傾斜センサーは、新たな高みに到達

傾斜センサーはPalfingerプラットフォーム社製空中作業プラットフォームWT1000で使用されています
傾斜センサーはPalfingerプラットフォーム社製空中作業プラットフォームWT1000で使用されています
F99シリーズ傾斜センサはPALFINGERプラットフォーム社製WT1000空中作業プラットフォームで使用されています。 WT1000は、世界で最も高い全地形型高所作業車のプラットフォームであり、風力タービンの取り付け及びメンテナンスのために特別に開発されました。プラットフォームは100 mを越える極端な作業高さを持ち、従来の高所作業車が達することができない高さに達することができます。   空中作業プラットフォームの安定性、人員の安全を保証して、風力タービンへの損害を防ぐために絶え間なく作業空中作業プラットフォームの正確な位置をモニタしなければなりません。   傾斜センサは、高所作業車のプラットフォーム上アームシステムの正確な位置を検出します。

Pepperl+Fuchs製F99シリーズの傾斜センサは、高所作業車上アームシステムの正確な位置検出を確保します
Pepperl+Fuchs製F99シリーズの傾斜センサは、高所作業車上アームシステムの正確な位置検出を確保します
Palfinger プラットファーム社は、高所作業車プラットファーム上アームシステムの位置を検出するために0°と360°の間の2つの角度測定範囲を定義しました。F99傾斜センサは、これらの特定の要件に応じてPepperl+Fuchs社によって採用されました。センサ素子の振動の影響を減らすために、角度測定は、特殊なフィルターが装備されました。

F99シリーズ傾斜センサのハイライト:

  • 0 °と360 °の間の傾斜角度
  • メンテナンスなし摩耗なしの非接触測定のプロセス
  • F99シリーズの非常に堅牢な傾斜センサは保証された信頼性および長寿命を提供
  • 統合された取付けコンセプトによる簡単な実装と狭い場所に取り付く形状