Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

Applying DART Fieldbus: Easy to Understand – Easy to Engineer

Zone 1 対応DARTフィールドバス, ガスグループIIC

トランク - スパー トポロジーは広く受け入れられ、使用されています。 エンジニアリングが容易で運用しやすいことから、プロセスオートメーションのフィールドバスとしては、デファクトスタンダードになっていると言えます。 トランク - スパー トポロジーは、パワーサプライとフィールドバス・カプラから成り立っています。 スパーは機器のエンティティーに従って、本質安全防爆となり得ます。

各種機器はフィールドバス・カプラー若しくはDARTセグメントプロテクターを介して接続されます。 セグメントプロテクターはEx ib IICの本質安全防爆を兼ね備え、Zone1設置要件を満足しています。 DARTはガスグループIICの非常に爆発性の高いガスの危険から、プラントを保護する技術です。 即ち:

  • プラントの至るところに同様のコンポーネントをインストールできます。
  • 至るところで同様に考慮される
  • 精通しているということは、訓練の必要性が低いということです。

DARTセグメントプロテクターは接続されたデバイスに必要な電力を供給します。 最も重要な機能は、機器の活線作業が必要な場合に、短絡保護回路が提供されていることです。



トランク‐スパーのトポロジーに従ったDARTフィールドバス: 本質安全防爆仕様のハイパワー・トランク - 現場機器へ安定的に電源を供給

本質安全防爆としてケーブル長は最長

DARTフィールドバスのトランクラインは最長1000mです。 最大4台のDARTセグメントプロテクターをトランクに接続可能であり、エンティティーに従った本質安全防爆仕様を提供可能です。 スパー長は各々最長120mであり、FISCOの2倍であり、今日のハイパワー・トランクに近い仕様です。 

表は最も重要といえるDARTフィールドバスの技術仕様を示します。 その多くはフィールドバス規格(IEC 61158-2)に従っており、FISCOやハイパワー・トランクと比較して、Zone 1のフィールドバスには極わずかな規定が適用されます。


DARTフィールドバス技術データ

テクニカル データ
トランク出力電力typ. 22 V / 360 mA
スパー出力電力min. 10.5 V @ 34 mA
インピーダンス - TYPE A ケーブル100Ω
トランクケーブル長(最大) 1000m
総ケーブル延長, 最大. (IEC 61158-2による)1900 m
スパーケーブル長, 最大. (IEC 61158-2による)120 m
機器のエンティティー パラメータ  Uo, Io24 V / 250 mA
トランク長とデバイス総数は、トポロジーとデバイスに依存します。



計画段階

DARTフィールドバスは、他のフィールドバス セグメントと同様にプランニングされます。 防爆性能は、最小限の労力と豊富な選択肢及びフィールドバス設計の柔軟性を持ち合わせて、当然の如く提供されます。プランニングとは:

  • トランク - スパー トポロジーをType Aケーブルで利用します
  • 一端で冗長化されたDARTフィールドバス パワーサプライを計画
  • トランクケーブルは最長1000mまで
  • トランクの至るところに最大4台のDARTセグメントプロテクターを接続

防爆要求から幾つかの制限が課せられます。それ以外はフィールドバスそのままです。 DARTフィールドバスの開発者は、危険場所におけるフィールドバスのアプリケーション プランニングが簡素化されるように、コンポーネント及び防爆のエンジニアリングを十分に考慮しました。


DARTフィールドバス製品