Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

LR300 - 3D測定用のレーザ光セクションセンサ[動画]

測定範囲でセンシング

工業用ビジョンセンサを使用した数多くのアプリケーションの中で、経路修正、エッジ或いはギャップ測定、体積測定、または許容値検証のアプリケーションは、Pepperl+Fuchsのパワフルかつ信頼性の高いレーザセンサODT LR300を使用し実現することが出来ます。

レーザ光線を使った検出原理は、センサから発振されたレーザー光がオブジェクトに投影され、センサに戻ってくる光を三角測距離法でカメラにより検出されます。   VMTはBildverarbeitungssysteme社 – 工業ビジョンソリューションにより、Pepperl+Fuchsはお客様にLineRunner300を使用して完全なシステムソリューションをご提供いたします。