Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

消防車両でのF99傾斜センサ

はしごや救助のケージの正確なレベリング

F99傾斜センサは、車両の縦方向および横方向の傾斜を測定
F99傾斜センサは、車両の縦方向および横方向の傾斜を測定
防火では、はしごや救助のケージが水平になっていることを非常に重要です。 Pepperl+Fuchs製F99傾斜センサは、IVECO MAGIRUS Brandschutztechnik GmbH社によってこの目的のために正確に使用されます。

 レベリングが車両のコントロールで自動化されている間、傾斜センサーは、関連の傾斜角に関する情報を提供します。F99傾斜センサの高解像度は、救助ケージとロータリーはしごの正確なレベリングを可能にし、救助隊の安全を高めます。救助のケージが常に水平になるようにラダーとケージが回転中に調整されています。

 精度と測定範囲は、IVECO MAGIRUSがPepperl+Fuchs社を選択した唯一の評価基準ではありませんでした。


F99傾斜センサハイライト

  • 感度と繰返し精度は±0.1 °で、絶対精度は±0.5 °
  • 一つか二つの傾斜軸をモニタし、0 °から360°までの範囲を測定
  • 温度範囲は-40℃から+85°C
  • 高い保護等級IP68/IP69K
  • e1タイプ認証
  • 衝撃荷重最大100g