Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

高速コードリーダー ODT-MAC400

... GS1 規格に基づいたデータマトリクスの読取り

ヨーロッパにおける製薬業界の製品包装は、将来 2D-コードにて検出されるようになる予定です。これにより、国際的に規格化されたGS 1規格に基づき、データ構造はより複雑になります。コード読取り機器は、これらのデータを正確に読取り、またインターフェース経由で正しくEDP システムに転送しなければなりません。



高速コードリーダ読取り MAC400 は、データマトリクスコードを 10m/s の速度で読取り、データを国際規格に従って処理します。

1つのコード内の固定データと変数データ

GS1 バーコード により、ビジネスがサプライチェーンをより効率的に管理できるようになります。製品の識別だけでなく、バッチの行き先や在庫管理、追跡可能性や失効日、製品コードなどの情報。

ECC200 データマトリクスコードは、より好まれるバーコードの種類として市場を席巻していることは明白です。


GS1 データマトリクス Matrix ECC200 コードの有利な点

  • コードはより小さいスペースしか必要としない
  • 読み取りの完全な信頼性
  • 高度に開発されたビルトインのエラー検出
  • 損傷したデータを再構築

Pepperl+Fuchs製のMAC400 高速リーダは、マトリクスコードデータを 10m/s の速度で読み取ります。 GS1により定義されるデータ識別子が正しく読み取られ分配されることが絶対に必須なのです。MAC4xx 製品ファミリーは、これらデータを規格に一致させながらイーサネットインターフェースにて届けます。MAH 200 シリーズと 300 ハンドセットスキャナは、USBインターフェース経由またはブルートゥース経由でワイヤレスに EDP システムに連続伝送するためのデータ準備などの、フレキシブルな可能性を提供するものです。