Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

効率を上げるために、ロータリエンコーダはプロセスを遅らせる

安全エンコーダと駆動機が信頼のティームとなっています

Pepperl+Fuchs製ロータリーエンコーダ:ゼロから計画を始め、安全を構築します
Pepperl+Fuchs製ロータリーエンコーダ:ゼロから計画を始め、安全を構築します

逆説的に聞こえるかも知れませんが、生産過程にはブレーキが時間を稼ぐ場面が存在するのです。機械がシャットダウンすると、時間もお金もかかります。システムの速度を落とすことにより、実際に効率を上げることができます。機能的に安全なロータリエンコーダーを駆動変換器と組み合わせることにより、この目的を確実に達成することができます。

一定のインターバルで定期的に印刷機上の印刷ローラーをクリーニングしなければなりません。システムをシャットダウンせず遅めの速度で作動することができるため、クリーニングプロセスをより効率的に進めることができます。システムの操縦者はダウンタイムを防ぎ、その結果、効率を上げることができます。Pepperl+Fuchs 製の機能安全ロータリーエンコーダは、 Lenze用 駆動変換機と安全モジュラーと組み合わせ、この目的を達します。


時は金なり

製造コストを最適化するために、機械は高速で操作されています。反面、速度を上げるとリスクも増えます。このリスクを避ける重要な条件に、機械の迅速な停止短い反応時間が挙げられます。機械の指導と、職場の健康と安全のための関連安全規制によれば、一瞬の不注意が切断や粉砕、負傷に結びつくことがあってはならないとされています。これは昔ながらの安全面にだけ考慮したものではなく、適切に実施されれば生産性を向上しコストを最適化することが可能です。外部安全コンポーネントを減らすことにより、建築面でもまた節約できる可能性が出てきます。これは、駆動器ベースの安全コンセプトを使って実行され、安全関連の機能は駆動器制御に一体化されています。


ティームワークの効率

ロータリーエンコーダの好ましい使用法は、駆動システムの回転コンポーネントまたは回り継ぎコンポーネントを監視するやり方です。Pepperl+Fuchs製の機能安全ロータリーエンコーダは、安全関連に考慮して設計されたセンサを含みます。これらのセンサは、IEC 61508として、またはPL e、 EN ISO 13849-1の SIL3 のような安全カテゴリー内での証明書付きで、TÜVの承認を受けています。

駆動変換機の実際の安全モジュールとのインタラクションが、重要です:Pepperl+Fuchs 製のロータリーエンコーダーと、Lenze製の駆動変換機の安全モジュールは、駆動テクノロジー内で最高水準の安全カテゴリーをもたらす互換性のある調整の好例です。カテゴリーの範囲は、ここでは適用される 新機械指導 2006/42/ECの下で記載されているEU 規格と、駆動テクノロジーに適用されるIEC 61800-5-2 に沿った機能に準拠しています。



安全関連駆動機能が安全かつ経済的な制御を保証します

アクションに目を配って

迅速かつ適切に反応するために、Pepperl+Fuchs 製の安全ロータリーエンコーダがLenze 製の誘導モーターの駆動シャフト上に直接取付けられています。モーターに直接リンクされ、検出された情報は正弦/余弦インターフェースを通じて追加ケーブルなしでリアルタイムに安全モジュールに伝えられます。安全リード線破損検出システムは、エラー状況を伝え、安全チェーン内の要件に合致させます。

安全面に付け加え、エンコーダは駆動テクノロジーにおける工学的、電気的、および環境的な需要に適応しています。温度の範囲を 115 °C まで、振動耐性を 20 g まで上げることにより、ひじょうに堅牢になっており、種々の産業アプリケーションの厳しい要求に応えることができるようになっています。


有意義な一歩

新 2006/42/ECが定める要件に合致しながら、駆動ベースの安全などのテクノロジーの刷新が駆動システムのコストを最小化し、一体化された機能安全性を通して生産性を最善化します。高水準の安全カテゴリーは、特別に開発されたコンポーネントの完全な安全チェーンによってしか達成できません。

この背景に反して、機能安全性を持つ安全ロータリーエンコーダは、「安全」に新しい意味を与えるものです。駆動システムに簡単に組み入れられ、現代の駆動制御のすべての安全機能要件を完全に満たす現代のセンサは、高水準の安全カテゴリーを達成することを可能にするのです。



駆動ベースの安全性は安全性を向上させるだけでなく、同時に生産性を上げながらシステムコストを削減します。