Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

パルスレンジ技術(PRT)による距離測定

工業アプリケーション用に開発された高度処理

パルスレンジ技術(PRT)
パルスレンジ技術 (PRT)

Pepperl+Fuchsエンジニアはパルスレンジ技術(PRT)付き光学距離測定センサを再開発しました。さまざまな商業アプリケーションに、小型工業用センサで初めてPRTを使用できます。位相相関法とアナログチップベースプロセスなどの間接プロセスと違って、伝達時間が直接測定されます。初めて市場で利用可能のパルスレンジ技術付き距離測定センサは、プロセスの優れた本質をはっきり示した抜群な性能データを誇っています。

直接パルスレンジ技術のプロセスでは、レーザダイオードの光は短いパルスを送信し、それをターゲット物体に反射され、その後、光に敏感な受信機エレメントに受けられます。このプロセスは以前のすべての方法、特に、頻繁に使用される位相相関とアナログチップベースのプロセスを越えています。それらの方法は最大360°のフェーズシフトで満足できる結果を果たすだけであり、外部環境条件、例えば、外部光、測定物体の変更、他の産業用センサシステムの相互干渉などに多く影響されます。

パルスレンジ技術の優位性は、永久ライトビームを放つセンサより千倍強いエネルギーが含まれる弱いライトパルスの伝送にあります。このプロセスは表面品質、色又は一般的な外部光などの周囲条件にかかわらず、いつも正確で、信頼できて、明白且つ再現可能な結果を獲得します。