Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

Emerson は、BP のGE ヘルスケアプロジェクト向けフィールドバスインターフェースとHMI のパートナーに Pepperl+Fuchs を選ぶ

プロジェクト詳細


顧客 | GEヘルスケア

プロジェクト | Extension Pharma工場/p>

ロケーション | ノルウェー リンネスネス市

完了 | 2007年


プロジェクト報告

ドイツ・マンハイム (2007 年 5 月) - Ppperl+Fuchsは、エマソン・プロセス・マネジメントと協力し、GE Healthcare 社が所有するノルウェーのリンネスネスプラント のプロジェクトに、<STRONG>フィールドバス・インターフェイス</STRONG>および <STRONG>PC オペレータ・ステーション</STRONG>を提供することになりました。

エマソン社では、Ppperl+Fuchsの<STRONG>フィールドバス設備システム</STRONG>であるFieldConnex® を導入する予定です。このファンデーション™ フィールドバスのインターフェース機能は、エマソン社の DeltaV™ デジタル自動システムとファンデーション・<STRONG>フィールドバスのフィールド機器</STRONG>に設置されます。 

Pepperl+FuchsのFieldConnex製品には、パワーハブと呼ばれる電源供給システムを採用しています。この独自システムは、高い信頼性とともに完全な冗長性で電力を供給することが可能で、更に物理層診断システムも兼ね備えています。プラント内での<STRONG>フィールドバス信号</STRONG>の接続には、セグメント保護装置およびフィールドバリア両方でプラントの<STRONG>ファンデーション・フィールドバス上</STRONG>のデジタルネットワーク分配を促進し、同時に保護しています。  Ppperl+FuchsのFieldConnexを採用して、フィールド測定計装をエマソン社の DeltaV デジタル自動システムを連結させるようにします。このシステムには、独自の AMS スイートと呼ばれる予測保全ソフトウェアが搭載される予定です。

またこのプロジェクトでは、Pepperl+Fuchs EXTEC の IPC-Ex PC <STRONG>オペレータ・ステーション</STRONG>をプラント内の危険場所に設置します。HMI 技術を採用したこのシステムにより、プラント自動化に必要な安全性と統合性を確保しながら、オペレーターは制御室の DeltaV ワークステーションから遠隔的にプラントの監視および制御することができます。

GE Healthcare 社が所有するノルウェー リンネスネスプラント</STRONG>は、クリスティアンサンから南方 70km のリンネスネス市内に位置しています。約 400 人の従業員が所属しており、造影剤に使用される活性成分を生産しています。このプロジェクトでは、X 線造影剤および MRI 造影剤の旺盛な市場需要に応えるべく、既存の生産プラントに新規工事および改築を行います。この作業は段階的に実施され、工場全体を<STRONG>製薬</STRONG>産業の国および国際的基準に従って建築されています。